蓄積ヒストリー

内向型女子28歳。もがく日常、まちの歴史ものがたり。

内向型女子28歳が婚活して気づいたよ。つらいコンプレックスを克服する心の持ち方

今日は、内向型の私が、長年持ち続けていた、コンプレックスについてお話します。 内向型とは…(ざっくりと) ・じっくり考え、自分で納得してからでないと、思いが言葉にならず、行動できないことが多い ・外部からの刺激に弱く消耗しやすい。 ・エネルギー回…

下関行くなら巌流島へ行こう【山口県の絶景その2】

「ムサシ!」 「コジロウ!」 「ニャースでニャース!」 私にとって、ムサシコジロウといえばポケモンのロケット団。 1612年、宮本武蔵と佐々木小次郎が巌流島で決闘したんだぜ! そう言われてもピンときません… 12月末に2泊3日で旅した、山口県。(旅の行程…

自分を追い詰めた日々から学んだ、内向型の生き方のコツ―小さな歩幅でも一歩ずつ―

2019年秋から冬にかけて、嵐のような日々でした。 特に、職場での仕事と、文章を書くことに対する焦りが、プレッシャーになって消耗が激しい日々。 今日は、焦って自分を追い詰めた日々から学んだ、内向型の生き方のコツをお伝えしたいと思います。(併…

内向型はコミュニケーションが苦手ではない。苦しくてつらくても、きっと大丈夫。

昔から、「コミュニケーション」に苦手意識がありました。 内向型の人はよくわかると思うんですが、4人以上の飲み会や打合せは、情報量が多くて、しゃべれなくて、本当に苦手。 私にとって、いちばん心安らかにコミュニケーションできるのは、1対1の会話…

電車とバスで角島大橋に行ってみたら、海が女神だった【山口県の絶景その1】

20代のうちに47都道府県制覇するぞ~ 皆さんより3日ほど早く仕事納めをして、未踏の地、山口県に上陸してまいりました。 下関に2泊して、角島の風景と、関門海峡の歴史を味わい尽くした旅。 (今回の旅の行程はこちら) たぶん、一生分のふぐを食べたw …

都庁ピアノで連弾したら、勇気と自由の大切さに気づいた件

「これやりたい!」 「いいね!」 小学生のころから、仲が良い友人がいます。 お互いに好奇心が旺盛で、チャレンジ好き。 これまでも、ふたりでちょっと変わったことに挑戦してきました。 座禅、写経、トランポリン、屋久島縄文杉踏破、恐山のワイルド温泉に…

考えすぎる性格で、仕事中の不安がつらい…内向型が不安を人生のパートナーにするには?

うまくいかなかったらどうしよう また怒られたらどうしよう あの人に頼んだ案件、回答来るかなあ… 会社で働いていて、不安で頭がいっぱいになることはありませんか? 私は、「内向型」の人間です。私と同じように、内向型で不安を感じやすい皆さんに、ひとり…