蓄積ヒストリー

内向型女子28歳。もがく日常、まちの歴史ものがたり。

平井美葉ちゃん(BEYOOOOONDS)の魅力に気づいてしまったので全力で伝える

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)は、ハロプロの末っ子ユニット。2019年8月にデビューしたばかりです。

 

12名ひとりひとりが個性の塊。

 

それぞれの才能が、ぶつかり合って、弾けて、令和のアイドル界に新しい風を吹き込んでいます。

 

  ★2019年レコード大賞 最優秀新人賞を受賞しました!


BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子』(BEYOOOOONDS [The boy with the glasses.])(Promotion Edit

 

 

ハロプロ研修生からの昇格組は、12名中9名。

残り3名は、オーディションを勝ち抜いた「一芸に秀でた」精鋭たちです。

平井美葉(みよ)ちゃんはそのひとり。ダンスを武器に合格をつかみ取りました。

 

 

 ★デビュー曲冒頭のセリフで、全ジャパニーズの心を奪い去る平井美葉ちゃん


BEYOOOOONDS『ニッポンノD・N・A!』(BEYOOOOONDS [The Japanese D・N・A!])(Promotion Edit)

 

 

★オーディションでのダンスパフォーマンス 2:53~(美葉ちゃんのダンスの魅力がもっと伝わる公式動画があったら教えてください)


BEYOOOOONDS 第1章 vol.4

 

 

「どこがだめなのかわからない自分が悔しくって…できない自分を改めて見て、戸惑っています」

オーディションのダンスレッスン(4:17~)。

クールで強そうな美葉ちゃんが、先生の厳しい指導に涙。

がんばってるのにできないときって、どうしたらいいかわからなくなるよね。。もらい泣きが止まらなかった……

でも、乗り越えて合格を手にした美葉ちゃん。

 

「人生が大きく変わった。表現者としてがんばっていきたい」

 

静かに、でも力強く語る姿に、私は心を打たれたのでした。(3:19~)

「この子に会いに行かなくちゃ」

 

2019年12月11日、LANDMARKHALL。

美葉ちゃん20歳のバースデーイベント(1公演目)に行ってきました。

2列目だった。ありがとござます。セットリストはこちら

イベントで私が感じた美葉ちゃんの魅力を3つ。

 

1 自分を自然に美しく魅せている

身体から放たれる凛としたオーラ。髪型、お化粧、衣装がぴったりとマッチ。

スポットライトに映るシルエットすら絵になる。造りこまれた美しさではなく、自然とあふれ出る魅力に惹きつけられました。

 

2 謙虚で穏やかな話し方

ハロプロにはガンガンしゃべり、自分をアピールする子も多いのですが…

美葉ちゃんは、言葉をひとつひとつ選びながら、丁寧に話します。

前へ前へ出る感じじゃないけど、思いがこもっている。でもたまにふにゃふにゃ。ほっこりした気持ちになります。

 

3 芯を感じる強さ

美葉ちゃんの声は落ち着いていて低め。

自分の音域に合った、大人っぽさの漂う選曲で、しっとりと聴かせてくれました。

ダンスも、健全な色気をまとい、繊細でありながら強さがにじみ出ている。しっかりとした芯を感じます。

 

「美葉ちゃんらしさ」が溢れたステージでした。

パフォーマンスレベルの高さに圧倒されたのはもちろんですが、

ファッションにしても、雰囲気にしても、唯一無二の存在で……

自分に合ったものをまとうと、人は美しいです。

 

私は、一昔前の自分や他人の価値観に、まだ囚われているなあ……

自分を見つめ直した上で、着るもの、メイク、しゃべり方、「今の自分」に合うものにアップデートしていきたい、なんて思ったのでした。

 

美葉ちゃんは、ただ「かっこいい!」「かわいい!」で終わらない。応援する人に「私もがんばろう」と思わせてくれるアイドル。

……って考えてたら、美葉ちゃん本人がインタビューで同じことを言っていて驚き。

20問目「あなたにとってアイドルとは?」の回答。さすが。

 

thetv.jp

 

まとめ

ありがとう美葉ちゃん。推す!

 

        2019年平井美葉バースデーイベント1公演目

笑顔YESヌード(ダンスパフォーマンス)

待てないアフターファイブ

BABY!恋にKNOCK OUT!

素直に甘えて

Take off is now!

 

「素直に甘えて」が美葉ちゃんの美しさにぴったりで艶やかでした。ヲタクはしあわせや…。

2公演目は自分が作詞作曲編曲した歌も披露したみたい。どんだけ才能あんじゃ。ますます目が離せません。

 

頑張れ美葉ちゃん!

初めてでもOK!ハロプロ(モーニング娘。)のライブに行き始めたら人生楽しくなった理由

 

ハロプロ好きなんだけど、まだライブに行ったことがない…

はじめてライブ行くの、ちょっと勇気がいるよね……

 

うんうん、私もそうでした。ライブ会場の雰囲気についていけるかな?って、不安になるんですよね。

8年ほどモーニング娘。を応援していますが、ライブに行きだしたのは2年前から。それまでは在宅で動画を観たり友達とDVD鑑賞会したり。

 

でも、本当に好きなら、ライブに行くのがやっぱりおすすめ。

私はライブに行きだしてから、かなり人生楽しくなりました。

娘。のみならず他のユニットのライブも行き始め、ハロプロ沼にまんまとハマったけど…

幸せです。

 

ハロプロのライブに行き始めて、なぜ人生が楽しくなったのか??

はじめてハロプロのライブに参戦したいときにオススメのイベントは??

書いていきたいと思います。(娘。のライブ情報が中心です)

 

さあ、勇気を出して、

私の人生Enjoy!

 

 

 

1 「今この瞬間」に意識が向くように!

ハロプロのアイドルは、10代から20代前半の成長著しい時期を生きています。

最初は普通の女の子だったのに、日々歌唱とダンスを磨き、美しくなって、いつしかユニットの中核となる。彼女たちの姿は、「努力で人は変われるんだ!」という希望そのもの。

 

例 私の推し、小田さくらちゃん(2012年13歳。オーディション合格時)


モーニング娘。11期メンバー決定!!

 

 このころも十分かわいいんですけど…(彼女の歌には命と物語を感じます。時間がある人は6分11秒からの「Be Alive」を聴いてみてね) 

 

 


DVD『モーニング娘。’19 小田さくらバースデーイベント~さくらのしらべ8~/モーニング娘。’19 羽賀朱音バースデーイベント』

 

2019年20歳。い、いろけがダダもれ…歌うまい…このとき会場にいて幸せすぎた

 

 

努力の成果を100%ぶつけたパフォーマンス。成長とともに刻一刻と変わる表情。

ライブ会場に行くと、そのエネルギーや尊さを100%受け止めることができます。生の体が発する力は圧倒的で、画面越しでは感じることができません。

 

さらに、ハロプロのアイドルにはメンバーの卒業と加入がつきものですよね。少し目を離すと、ユニット内のメンバーが半分くらい入れ替わることも。

 

ユニットの今が少しでも気になるなら、今見に行くしかない。

推しに応援を届けたいなら、今行動するしかない。

推しの卒業後に「会いに行けばよかった…」って後悔するのが、いちばん悲しいのです…

 

さあ、ライブに行こう。アイドルは、進化し続けるナマモノなのだから。

ライブ会場でアイドルを応援することは、「今この瞬間」を味わい尽くすこと。

 

でも、これって自分の人生も一緒なんですよね。

今の自分は今しかいない。今の気持ち、今の経験を大切に。

会いたい人がいるなら、勇気を出して会いに行こう。

ライブに行き始めてから、「今この瞬間」を強く意識するようになりました。毎日を愛おしんで生きている感覚。しあわせだぞ。

 

2 自分らしさと愛を感じられる!

普段、アイドルが好き!と周囲に公言している人は少ないと思います。

会社や学校では、嫌なことも我慢して、真面目に頑張ってるんだよ…

 

でも、ライブ会場では、みんなの「好き」が全開に。私は、開演前のヲタたちの姿を見るのが大好きです。

推しの顔写真付き手作りTシャツを着たおじさん。

ペンライトを5本持って、気合十分なお兄さん。

ハロプロは女性ファン(所謂女ヲタ)も多いですが、推しのメンバーカラーをコーディネートやアクセサリーに取り入れてアピールしています。(私もそのひとり)

隣の席のお兄さんがさくらちゃん推しで、いぇぇい!と盛り上がったこともありました。笑

 

もう、みんなわくわく。幸せそうなの。

好きなものを好き!って言えるのって、自分らしくあることなんだなあ。

 

ライブが始まると、みんなの熱い思いが加速します。

メンバーへの、心からの応援。

いつも幸せにしてくれてありがとう、という感謝。

メンバーも、最高のパフォーマンスで応えてくれます。

ステージと会場が一体になって、歌って踊る。

コールや拍手で熱い空間が生まれます。

 

ライブ会場に溢れているのは、人が人を思う気持ち。

みんながひとつになろうという気持ち。

つまり……


 

愛。

 

  


モーニング娘。'19『I surrender 愛されど愛』(Morning Musume。'19[I surrender. It’s only love but it is love.]) (MV)

 公式動画でライブ感が伝わるものを。MVなので、ダサめの装飾や文字が入ってるけど、これがハロプロクオリティ。激しく踊りながらの生歌は、ハロプロライブの魅力。

 

 

ライブを全力で楽しむためには、1秒をかみしめなければなりません。ぼーっとしたり、過去や未来に囚われる時間が完全に不要。

歌って踊って、あっという間に時間が過ぎ去ります。

 

自分らしさを全開にして、愛があふれた空間で、今この瞬間を楽しむ。

これってしあわせにしかなりません。

 

定期的にライブに足を運べば、凝り固まった心が解放されます。

彼女たちもレッスン頑張ってる…!次の週末ライブだ…!と思えばつらい仕事も乗り切れる。

生きる希望が湧いてくるのです。

 

3 初めてのハロプロライブにオススメなのは「リリイベ」

ライブに行くと幸せになれるのはよくわかった!

でも、ライブ会場に行くのはやっぱり勇気がいるよ~~

 

そんな人は、シングルのリリースイベント(所謂リリイベ)の参戦から始めるのがおすすめ。ファンクラブに入ってなくても、簡単に参加できます。

安近短そろった初心者向けのライブです。

 

安…最安1100円で参加できる。

近…会場が小さく握手もできるのでアイドルが近い。

短…1時間弱で終わる

 

ね、はじめてでも参加しやすいと思いませんか?

 

(1)リリイベ参加方法

新曲リリースが決まると、各ユニットの公式NEWSページに順次リリイベの情報がアップされるので、チェック。

 

 

www.helloproject.com

娘。のニュースページ 

 

たいてい、シングルCD1枚購入につき、ミニライブ観覧優先券(整理番号付き)と握手券がついてきます。

 

CDの販売開始時刻に会場に行き、ちょっと並びますが、CDを買うだけ。(ライブ観覧優先券は早めになくなる場合があるので、販売開始時刻より前に並ぶとより安心)

並んでる時も、既に気合い十分なヲタが多いので、とっても楽しいです。(もちろん普通の服装でも参戦できるのでご安心を)

ライブ開始前の再集合時刻に観覧優先券と握手券を持っていけば、ライブと握手会へ参加できます!

 

なお、CD販売時刻は平日の正午ごろ、再集合時刻は同日の18時前が多いです。

有給休暇ってこういう時に使うんだね。

 

それにしても、シングルCD1枚(1100円)で、ミニライブと握手!!

ハロプロ太っ腹やな…

 

(2)ミニライブと握手会ってどんな感じ?

リリイベはライブハウスや屋外ステージでの開催が多く、立っての参戦です。

たいてい女性専用エリアが設けられるので、女性でも安心ですよ。

 ペンライトがあるとより盛り上がれますが、最初はなくても大丈夫。ライブにハマッたら買うといいと思います。

 

ライブは30分くらいで、3~5曲披露してくれます。トークやゲームがあったり。

コールとかはおいおい覚えてけばOK!とりあえず周りの雰囲気に合わせて盛り上がってればなんとかなる!

 

ライブ終了後、少し待機時間があったのち、握手会へ。握手は、基本メンバー全員とできます。一人と2秒くらい。

 

握手、毎回緊張するよおおお。でも行っちゃう。なぜかって…?

何しゃべるか迷って、結局いつも「ありがと~~!!」しか言えないの。

でもみんな「ありがと~!!」って、目を見てニコッて返してくれるの。

 

惚れてまうやろ(女子)

 

 

4 ファンクラブに入ると本格的なハロヲタライフに

1回リリイベ行って、これからもライブに行きたい!と思ったら、ファンクラブに入るのがおすすめ。

 

チケット先行受付に、会員限定のバースデーイベントやバスツアーも!

推しのバースデーイベントに行って、「やっぱこの子好きだわ~。応援するわ~」てなる瞬間、幸せです。

 

入会費6100円。継続費5100円。月500円くらいで幸せ度UPするなら、お安いもんですよ。

※バースデーイベントなどファンクラブ限定イベントの開催は、関東が多いです。

 

 

 5 ライブに行って、人生を楽しんじゃえ

 

いかがでしたでしょうか…?

ちょっと勇気を出して、ライブに行ってみたら、人生の楽しさがぐんと上がるかもしれません。

 

アイドルみな、いつか卒業してしまいます。

ライブ会場は、ありがとうを伝えたら、ありがとうが返ってくる素敵な空間。

 

今、この瞬間を大切に、好きな人に会いに行ってはどうでしょう?

 

都市とモーニング娘。って似てるよねって話。

突然ですが、私はハロプロのアイドル、モーニング娘。を全力で応援しています。

 

 

20年ほど前、父親が観ていたASAYANをふと観たのがきっかけでした。オーディションを受けて、普通の女の子がアイドルになって、デビューをする。

最初は垢抜けない子もだんだんきれいになって、個性を出せるようになっていく。そんな彼女たちに、小学校低学年ながら、不思議と惹かれていました。友達と毎日モーニング娘。の曲を歌って踊る日々。そう考えると、20年来のファンなのです。笑

 

もちろん、今のモーニング娘。も大好きです。

 

そこで、なんでこんなに好きなんだろう、ほかにもアイドルはたくさんいるのに、と考えてみました。

 

すると、特定のこのメンバーが好き、この曲が好き、という要素ももちろんあるけれども、それ以上にモーニング娘。という「事象」に心をひかれているんだな、と気がつきました。

それは、都市と娘。に同じ匂いを感じるからかもしれません。

 

モーニング娘。は、メンバーの加入と卒業を繰り返して進化していくアイドルです。1997年に5人で始まったモーニング娘。には、2019年6月10日現在まで合計で41人が在籍しました。

現在のモーニング娘。’19は11人。ダンスも歌唱もピカイチな、「こりゃプロの仕事ですわ…降参だぜい」と圧倒される、レベルの高いパフォーマンスを魅せてくれます。つんく節全開の楽曲と、メンバー個々の魅力がはじけています。

 

2019年6月12日発売シングル 人生blues/青春Nightより


だけど、やっぱり、彼女たちを見ていると、これまでの22年間の蓄積を、空気みたいなものなのだけど、でも、確かに感じるのです。

彼女たちのライブでは、もちろん近年リリースした歌をメインに歌います。でも、過去の歌も、現在の彼女たちに合った形で、歌もダンスもアレンジして届けてくれるのです。アップデート。

「あ、このパートこの子にいったんだ!」「オリジナルに負けないかっこよさや…」過去の曲がどのように歌われるか、わくわくしながら純粋に応援するのも楽しみの一つ。

でも、一番の感動はこれ。
「当時のメンバーのパフォーマンスを、今の子たちが受け継いで、今の空気を吹き込んでくれている!」

彼女たちが自分の所属するグループの歴史を学び、その上で現在の形に合わせて放出してくるエネルギー。現メンバーが生まれる前の楽曲だってあるのに、メンバーが変わりながらもグループが存続してきたことで、今の娘。たちによって楽曲に新たな命が吹き込まれる。たすきが繋がれていることに、尊さを感じます。

娘。としてステージに立てることへの誇り。そして、つんく♂ミュージック特有の、人生と愛を語る、宇宙レベルの壮大なメッセージ。若干ダサくて、雑草のように力強く前向きなパフォーマンス。時代は変わっても、22年間変わらない娘。らしさが、現在の彼女たちを通して、あふれ出てきてきます。

都市も、時代が下れば住む人が変わり、インフラは更新されます。交通網が発達し、人の活動範囲も、モノの流れも、大きく広がります。見慣れた景色も気づけば更新されていきます。

都市が持続するには時代に合わせた変化が必須です。 過去の姿を復元することはできないし、する必要はない。天災で、戦争で、時代の要請で都市は姿を変えながら発展してきました。

でも、都市には過去の人々が暮らす中で生みだしてきた独自の文脈があり、現在の街並みにも確かに息づいています。歩いていて、その文脈を感じられたときの静かな喜び。

都市と娘。は似ているから、どっちも好きなんだよなあ。

 

★現在の私の推し、小田さくらちゃん。

https://voguegirl.jp/beauty/makeup/20180926/beautysnap_sakuraoda/

変幻自在の魅惑の歌声。なのに、年々色気がましましになってきて、見ていてどうしたらいいのかわからない(どうもしなくていい)
ずっと在宅で我慢してたけど、ここ数年で現場に行き始めて沼行きは近いです。